読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の開発環境をカスタマイズして何が悪いの?

最近ベッドのスプリングが背中にあたって快眠できてないですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さてタイトルの通りですが、先日上司から「おめーbashじゃなくてzsh使ってんの?俺俺カスタマイズしすぎて、いざというときに役に立てないぞ。」出来る限りデフォルトを使えよハゲ!!と言われたので少し考えてみた。

個人の開発環境の整備によるメリット

  • 開発速度の向上
  • やる気が上がる(気がする)
  • vimがなじむ、実に!なじむぞ!フハハハハハ

個人の開発環境の整備によるデメリット

  • sshでサーバにつないだけど俺のvimrc持ってきていい?
  • ちょっとbrew bundleやってるんで1時間待ってもらっていい?

まとめ

巷ではサーバ設定等をコードベースで管理できたりDockerとかコンテナ型?の仮想化ソフトウェアが出てきてるから本番サーバを直接触ることはどんどん減っていくはず、Mac等でゴリゴリ開発してgit push とかしてデプロイ等みんなやってるんじゃね?

今所属している会社では本番環境を直接いじっているので(そもそもテスト環境が無い。) 辛い。あと鍵方式ではなくてパスワードでsshするのはそろそろ辞めたいんだが同僚は誰も疑問に思ってないのかな?

あと私はハゲてなどいない!

おいらのdotfiles (github dotfiles)https://github.com/karumado/dotfiles

近況報告

日記

2ヶ月以上ブログすっぽかしてたわけだが、私はげんきです。

今所属している会社には契約社員として参加しているのだが、最近特に辛いと思ったことを書こうと思う。
あととりとめがない文章になると思うので

プログラム書ける人間が少ない

社員20名弱の会社なんだが、開発課にいる人間が私と上司の二人だけ、
上司は今ほとんどコードを書くことはなく、セールスエンジニアみたいなことをやってる。
つまり実質私一人だ。なにか既存のシステムの修正やらが入って来たら私がやるしかなくなる。 巷ではエンジニアの採用が大変って話があるようだが、今の会社にはそんなことは無い採用活動していない。
危機感無いっス

社内で使われているシステムの修正が辛い

何が辛いって

  • 8割が社長が作った俺俺プログラム(VB)
  • 残り2割がすでに会社にいない前任者達が作った俺俺プログラム(PHP)

上記の修正を私がやるのが辛い。
設計書も無いし、コメントもほぼ無い。
そもそも契約社員の俺にやらせるのも会社としてどうかと思ってる。

社内の本棚が腐ってる。

これ誰が読むのよって10年以上前の本や雑誌がある。
現状実費でオライリー技評の本を買って勉強してるけど毎月の書籍代でお小遣いなくなって昼食はいつもカップラーメン

どこかいい会社ないですか?

マジで探してます。
Twitter
GitHub

「つまみぐい勉強法」を読んだ。

正式なタイトルは[IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」]

対象読者は、IT業界に入ったばかりの人、入る予定の人。

内容は若手エンジニアへどうしたら楽しく勉強を続けながら仕事をするかと言う事が書いてある。私は27歳なのでギリ若手の部類に入ると思いたい…。

勉強方法だけ書いてあるのかと言うとそうではなく、先輩への質問の仕方まで書いてある。(新卒で入った会社ではよく怒られませんでした?)あと勉強時の調べ方等

さて本題

つまみぐい勉強法は

興味がわいたらすぐ勉強開始。

勉強に行き詰まったら次に興味があるものを勉強

対象が変わったとしても勉強は継続

私の解釈だと自分で理解できそうなところから勉強し始めて、難しくて勉強したくなくなったら、関連した別の技術を勉強。また行き詰まったら別の勉強これを繰り返す。 (ただ勉強する項目は3〜5くらいでサイクルを回すといいかも)

例:HTML,JavaScript,Linux,Git,MySQL

所属している会社のメインの言語も合わせるともっといいかも。

勉強した内容等はEvernoteなどにメモしてあとでブログに公開するとあとで検索出来て便利。

あとIT業界特有だけど、勉強会も活用出来る。他の業界では勉強会なんてほとんど無い。地方になると勉強会自体少ないかも、福岡、名古屋、北海道は他の地方に比べ多い気がする。圧倒的なのは東京。首都圏に住んでるなら進んで参加した方がお得。

これが2010年出版だからもっと早く出会いたかった。 出版時異業種で営業やってたからアンテナに引っからなかっただけか。

次はエンジニアのための時間管理術でも読んでみようと思う。あとブログも続けて行きたい。

IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」 (技評SE選書)

IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」 (技評SE選書)

エンジニアのための時間管理術

エンジニアのための時間管理術

Typetalkを試す。

Typetalkはヌーラボが新しく出したチャットツール

ヌーラボはBacklogやCacooが有名だと思う。福岡が本社なのは最近知った。受託開発から自社サービスにシフト出来ててすごく羨ましい。 今の私の勤め先ではSkypeExcelが主なので使う機会が無いのだがサイトを見る限りUIが綺麗で使いやすそうな匂いがプンプンする。

おそらくBacklogで管理する以前のディスカッションなどに有用だと思う。スマホのクライアントもあるし。

個人的にはAPIが公開されているので、監視ツールやCIツールから通知させると捗りそう。 http://developers.typetalk.in/index_ja.html

2014/02/13追記

もしこの記事を読んでるあなたがJenkinsに通知したい場合、既にプラグインがあります。

jenkinsのプラグインでtypetalkを検索すると良い。

使い方はIDとシークレットキーを予めJenkinsに設定(プラグインインストール済みなら項目増えてる。)

タスクの設定にTypetalkが増えてるので通知させたいトピックのIDを指定すれば出来るよ。

https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Typetalk+Plugin

id:ikikko様コメントにて情報有難うございます!!

サンプルが掲載されている言語

Python

Ruby

Shell Script

Objective-C

Scala (dispatch-classic)

Scala (Play Framework)

C# (WebClient)

C# (HttpClient)

Java (Jenkins plugin)

PHP (Authorization Code Sample)

Pythonサンプル

import requests

clientId = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
clientSecret = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
topicId = 'xxx'
msg = u'おそロシア(`・ω・´)' 
res = requests.post("https://typetalk.in/oauth2/access_token", {
        'client_id': clientId,
        'client_secret': clientSecret,
        'grant_type': 'client_credentials',
        'scope': 'topic.post'
        })
accessToken = res.json()['access_token']

requests.post('https://typetalk.in/api/v1/topics/'+topicId,{
        'message': msg
        }, headers={
        'Authorization':'Bearer '+accessToken
        }) 

Pythonのサンプルもrequestsを使ってシンプルな感じ 予めトピックを作って置いて(例)[◯◯開発チーム]そんでもってJenkinsさんにビルド結果を通知させたりしたらいいと思う。

契約期限まであと4ヶ月履歴書を書かなきゃ

去年のまとめ

2013年やったこと

まったくもって更新をしてなかったけど、去年やったことのざっくりとしたまとめ 他にも突発的なAccessのファイル壊れたんだけどとかいろいろ対応している気がするがメモしてなかったので失念。 レスポンスすごく悪い既存サイトがあって中身みたらDBインデックス1つもなくて驚愕したりとか、if文もものすごい入れ子構造と戦った記憶があるけどなぜか記憶があいまいでどうしようもない(手帳に疲れたとしか書いてなくて笑えた)

ルーチン

請求データ作成(半自動化スクリプト作成)

MSASP(VB6.0)システム保守(えっ?)

既存HPのRSSリーダ機能追加

期間1ヶ月

私1人

使用技術

PostgreSQL

PHP

SimplePie(ライブラリ)

監視サイト

期間:3ヶ月

私1人

使用技術

Python cgi

MySQL

jquery.js

jquery.flot.js

JSON

PLC(シーケンサ)

CMSホームページ

期間:2ヶ月

既存ページを元に再構築&新機能追加

CakePHPCakePHP

PG:私 HTML&CSS:1人

使用技術

PHP

CakePHP

MySQL

アンケートページ作成

期間:0.5ヶ月

私1人

項目数が多い為、複数ページ分割

使用技術

Python cgi

bootstrap

jquery.js

jquery.validate.js

formToWizard.js

就職支援システム

期間:3ヶ月 PG:私 HTML&CSS:1人

使用技術

Python

Django

Mysql

bootstrap

formToWizard.js

今年の6月に契約終わるからガクブルしながら日々の業務行ってる感じです。

Webプログラマーまだ11ヶ月だけど、Vimもちょっとだけ使えるようになって少しは使えるようになったのかな?って感じ

監視サイトはPLC(シーケンサ)のラダープログラムに悪戦苦闘した(マニュアルが分厚すぎ)

今年はNginxとか勉強したい。あと「パーフェクトPython」を読む。 もっと「Pythonプロフェッショナルプログラミング」に書いてあることを理解&実践したい 今の環境で出来るか分からないけど出来る限りの事はやっていきたい(そもそも6月で終わってしまう可能性も…。)

PyCon APAC 1Day に行ってきました。

場所は新宿の工学院大学、3F で受付を済ましてGOGAロゴが印字された手提げと
首にかける名札をもらいました。
(手提げにはスポンサー企業のステッカー&資料、PyConのプログラム冊子など)
ステッカーに見たことあるお姉さんが…あ!
「フカシギの数え方」おねえさんといっしょ!みんなで数えてみよう! これだ!!

基調講演の前に簡単な説明(飲食出来る場所、喫煙所等)、ストレッチ、
国外から来られた方どこから来たの〜?アジア太平洋地域のPyConなのでいろいろな国から
参加されてました。

基調講演はGeorg Brandl さん。Pythonの中の人(コアデベロッパー)で
Sphinx(Python製ドキュメンテーションツール)の作者
現在は物理学の学位とるために中性子の実験とかを行ってるみたいです。
基調講演はもちろん?英語なんですが、なんと!同時通訳もあって英語が苦手な私でも
話が聞けてよかったです。
(通訳の方ありがとうございました。)
基調講演やセッションはYouTubeに上がってます。
基調講演
PyCon APAC 2013のTwitterアカウント 気になるセッションの時間帯が被ってても安心ですね。

togatterも有りました。仕事はやい。
PyConAPAC 2013 - 基調講演から昼休みまで

食堂でコーヒー等飲めて至れり尽くせりでした。

明日はPyCon2013チュートリアル

大きな集まりに参加するのは初めてなので、小学生が遠足前夜に寝れない感じになる。

会社のイラストレーター使える人にアイスおごって名刺20枚作って貰ったけど足りるのだろうか。

そもそもPython半年ほど(途中ASPPHPが割込み)の私でついていけるか不安だ。その後の感想などは後日書くよ。

本題とは関係無いけど、iPhoneはてなブログのアプリで投稿して見ました。なかなか使いやすいかも